村櫛町紹介

ユーカリ文庫紹介

10月 図書の紹介
大奥騒乱

「大奥の闇、忍の掟。
 疾走感溢れる筆致で描く人気作家の新境地!」

十代将軍家治の治世。幕府には田沼意次が実質的な最高権力者として君臨していた。‥‥稀代の人気時代小説作家が描く江戸城人間絵巻。
側室懐妊がもたらす華麗なる覇権争い!
女 対 女 幕閣 対 幕閣伊賀者 対 お庭番

「大奥騒乱」
著者/上田秀人  出版社/徳間書店



密売人

「北海道警察シリーズ”書き下ろし第5弾!」

さまよえる観察ファイル。裏切り者はどこにいるのか‥‥‥?
 10月下旬の北海道で、ほぼ同時期に三つの死体が発見された。‥‥
それぞれの事件は個々に捜査が行われ、津久井卓巡査は小樽の事件を追っていた。‥‥次に自分の協力者が殺人の狙いになると直感した佐伯宏一警部補は、一人裏捜査を始めるのだが ‥‥。
「密売人」
著者/佐々木譲  出版社/角川春樹事務所



マスカレード・ホテル

「東野圭吾作家生活25周年特別刊行、堂々完結!」

完璧に化けろ。決して見破られるな。
不可解な連続殺人事件の次の犯行現場は、超一流ホテル。
容疑者もターゲットも不明。事件解決のため、一人の男が選ばれた。
 彼の仕事は、相手の仮面をはがすこと。彼女の仕事は、お客様の仮面を守ること。彼らの前に、様々な仮面をかぶった人間がやって来る 。
「マスカレード・ホテル」
著者/東野圭吾  出版社/集英社



木内昇

「三度の飯とお笑いを!」

旅芸人、復員兵、戦災孤児。戦後復興期、焼け跡の浅草でエロに燃えて笑いに悩む。
戦争を生き延びた男三人。抱える事情は様々なれど安劇場にひろわれて、踊り子のぼろアパートで珍妙な共同生活をはじめる。
「笑い三年、泣き三月」
著者/木内昇  出版社/文藝春秋



よろずのことに気をつけよ

「江戸川乱歩賞 史上初!女性W受賞作」

 被害者は呪い殺されたのか!謎が謎を呼ぶ、呪術ミステリーの快作。
変死体のそばで見つかった「呪術符」の意味は?呪いと殺人の謎に文化人類学者が挑む!
「よろずのことに気をつけよ」
著者/川瀬七緒  出版社/講談社


ユーカリ文庫紹介トップへ戻る