村櫛町紹介

ユーカリ文庫紹介

4月 図書の紹介
早雲立志伝 新しい北条早雲像

清列にして剛健。まったく新しい北条早雲、ここに見参。

弱冠21歳での駿河下向から、禅寺での修行、幕府申次衆への就任と政争、伊豆討伐、関東管領との戦い、そして小田原城の奪取まで------。細川政元との漢(おとこ)同士の絆や、弟・甥に対する深い愛に満ちた若き日々を。まったく独自の解釈でえがいた、怒濤の傑作歴史長編。
「早雲立志伝」
著者/海道龍一朗  出版社/角川書店



花の鎖

女たちが紡ぐ感動のミステリ

花の記憶が三人の女性をつないでいく
毎年届く謎の花束。差出人のイニシャルは「K」。
そして三人の女性の悲しい連鎖が
「花の鎖」
著者/湊かなえ  出版社/文藝春秋



ナニカアル ダブル受賞の傑作長編

読売文学賞 島清(しませ)恋愛文学賞

戦争に翻弄された作家・林芙美子の秘められた愛を、桐野夏生が渾身の筆で炙り出し、描き尽くした衝撃の長編小説。
「ナニカアル」
著者/桐野夏生  出版社/新潮社



漂砂のうたう

第144回 直木賞受賞作

時代小説の新しい才能がここに。
明治10年,根津遊廓。維新から取り残された男と女が求めたものは------
「漂砂のうたう」
著者/木内 昇  出版社/集英社



完全なる首長竜の日

第9回 「このミステリーがすごい!」大賞受賞作

自殺未遂により植物状態となった弟の過去を探るうち、少女漫画家の姉は記憶の迷宮に迷い込む。意外な結末と静謐な余韻が
胸を打つサスペンス・ミステリー。
「完全なる首長竜の日」
著者/乾 緑郎  出版社/宝島社

ユーカリ文庫紹介トップへ戻る